覆面調査をすれば客観的に自社を見れるようになる

現場の調査をするときは

婦人

結果をフィードバックする

「最近、接客に対するクレームが多くて困っている。」「アンケートでも接客に問題はないようだが、売上が伸び悩んでいる。」など、現場の接客に関する悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。最近、現場での接客の現状を把握する手段として、覆面調査が注目されています。覆面調査とは、調査員が一般消費者として店舗のサービスを利用し、サービスを受けて良かった面、悪かった面を調査会社を通じて報告する、というものです。調査会社にもよりますが、業界に精通しているプロの調査員だけではなく、より消費者に近い目線での意見を聞く目的で、わざと一般消費者によるモニターを採用しているところもあります。覆面調査によって、企業は、現場の良い点、悪い点を具体的に把握することができるのです。しかし、覆面調査によって良い点、悪い点がわかっても、それがなかなか改善に結びつかないという企業が、ちらほらあります。それは、調査結果を、上手に現場にフィードバックできていないというケースです。そんなときは、調査会社のコンサルティングサービスの利用がおすすめです。調査会社によって、コンサルティングサービスの内容は異なりますが、「従業員向けフィードバック研修」が代表的な例になります。これは、調査結果をもとに、調査会社のコンサルタントが現場の問題点を洗い出し、具体的にどのように改善したらよいのかを、従業員に対して指導する、というサービスです。これにより、企業は覆面調査の結果を有効に活用することができます。